<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い

日本国内におきまして、レーシック手術による失明の報告はされていませんが、失敗のリスクが全く無いというワケではありません。
将来的には、合併症などの心配を指摘している専門家の意見もあることから日本でのレーシックの普及はまだまだ発展途上と言えます。 仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。
レーシックに注目が集まってきているその背景には非常に高い安全性というものが第一に挙げられます。
しかしその一方におきましては、まだレーザー治療で視力回復するのに不安を抱いている人が大勢いるのです。

 

レーシックというのは眼科の専門医によって適正な手術をしてもらうことで、非常に安全に進めていくことが出来ます。
最新の治療機器が揃っており、またアフターフォローも充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。



<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高いブログ:22-9-17

下腹がポッコリと出ていると
とっても気になりますよね。

スリムなパンツやスカートを
かっこよく着こなすためにも
下腹を引き締めるための簡単減量を
連日の生活に取り入れましょう!

特に下腹って年齢とともに脂肪がつきやすく、
ポッコリしたお腹になってしまうものですね。

中年太りの象徴ともいえる下腹の脂肪!
一般的には腹筋運動が効果的といわれていますが、
より効果的に行うためには、
呼吸法なども取り入れた運動を行うと良いでしょう。

また腹筋運動と食事療法などもあわせて実践していくと、
より効果的に下腹の簡単減量ができちゃいますよ。

下腹の脂肪を落として減量するためには、
下腹の筋肉だけではなく、
わき腹の筋肉も鍛えることがポイントになります。

わき腹に脂肪がたまってくると、
お腹全体に脂肪がついたようになり
大きく見えてしまいますね。

下半身…
特にお腹周りをすっきりと見せるためには、
下腹を引き締めると同時に、
わき腹も鍛える必要があるんです。

下腹なら腹筋で鍛えられそうだけど、
わき腹ってどうやって鍛えればいいのか…
難しいですよね?

そこで、私が実践している
わき腹減量法を紹介しますね。

仰向けになって、
両手を脇腹にあててあごを引き、
背中を丸めて右の肘を左の膝に近づけるよう、
側腹筋の収縮を意識しながら軽くひねります。
左ひねり、右ひねりを交互に行い、
左右10回を1セットとして、
それを連日3セット行うだけ!

わき腹って普段使わない筋肉ですから、
これだけのストレッチでも減量効果が抜群ですよ!

じゃんじゃん