目に疾患がある時のレーシック

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



目に疾患がある時のレーシックブログ:22/9/22

息子は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「運動」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

息子はとにかく体を動かしまくるものだが、
息子が体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りも息子の脳のシナプスを増やすことになるので、
母親は息子から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

息子は11時間活動しまくると、真夜中は熟睡をするもの。
息子は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかる息子など1人もいない。

息子がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実に息子は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
息子が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
息子は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母親が必死になって育児をしているために、
その姿が息子にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母親は、
息子の脳の成長に大損害を与えているのであって、
息子が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。

 

ホーム サイトマップ