日本国内でのレーシック実績

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



日本国内でのレーシック実績ブログ:2022年09月16日

ダイエットに効果的な運動には、
有酸素運動があります。

有酸素運動というのは、
ウォーキングやジョギングなどが代表的で、
ゆっくりと長い時間続けて運動できるものが含まれます。

でも、
有酸素運動を続けることは、
普段運動をしていない人にとっては、きついことです。
おいらも慣れるまで大変でした!

きついことをやって結果が出なければ、
馬鹿らしくなるという気持ちもわかります。

ところが…
目に見えないかもしれませんが、
実際には効果が出ていたはずなんですよね。

もし効果が出ていなかったとしたら、
ちょっと食事制限が甘かったのかもしれませんし…

有酸素運動をやっても、
なかなか効果が出なかった人は、
もとからの筋肉量が少なかったことに原因があるかもしれません。

筋肉というのは、おいらたちの肉体の中で
最もエネルギーを使うところです。

ですから、
食事制限だけのダイエットを行うと、
真っ先に削り落していくのが筋肉なんです。

よく食べるのを制限するだけのダイエットだと、
すぐにリバウンドして、
次のダイエットでさらにつらくなる…と言いますよね?

理由は、
エネルギーを大きく使う筋肉がすり減ってしまい、
カロリー消費の効率が悪くなってしまうからなんです。

ですから、
有酸素運動もいいですが、
筋肉をつける運動も同時並行的に
行うと効果がもっと目に見える形で表れてきます。

例えば、
wiiスポーツやwiiスポーツなどを取り入れてみましょう。

別に筋肉痛になるくらいまで激しく行う必要はありません。
むしろ習慣づけることの方が重要!

筋肉をつけることによって、
カロリー消費の効率が上がります。

すると、同じ有酸素運動をやっても
消費されるカロリーが増えてくるんですよ。


ホーム サイトマップ