女の子は帰り支度に時間がかかる

デリヘルでプレイが終わったら、最終的にお風呂やシャワーに入ってから着替えをすることとなります。
この時には必ず女性のための時間を作ってあげるようにしてください。
プレイの制限時間が終わる最低でも20分前にはプレイを終らせてあげましょう。
時間でお金を払っているのに、女性の帰り支度のために時間を使うのは、勿体無いかと思うかもしれませんが、それくらいのことは多目にみてあげましょう。
女性というのは、帰り支度を終わらせるのにかなりの時間を要します。
男性はすぐに服を来て、着替えることが可能でも女性は化粧を直しなどやらなければいけないことがたくさんあるのです。

 

デリヘルというのはある意味でこの社会に無くてはならないものとなります。
男の性欲を解消してくれるデリヘルが無ければ今頃全世界でレイプ犯罪が多発していることでしょう。



女の子は帰り支度に時間がかかるブログ:230124

大人になるとほとんどの人が、
1日の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな子どもがいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる男の子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
あたくし達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな子どもに対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという家内に…
いつもいつも自分を誘ってくれる友達に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと家内や子どもと過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ男の子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
あたくしのこころ片隅には、
「あたくしは間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

あたくしはこれから男の子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

さあご飯食べよ〜っと。