【豆知知識メニュー】理想的な身体を作る骨盤矯正

断食のような無茶なダイエットを続けてしまうと、確かに痩せることは出来ますが不健康な身体になってしまいます。
不健康なダイエットでは全く意味がありませんので、骨盤ダイエットで健康なダイエットを行いましょう。 不規則な生活を送っている現代人の多くは、骨盤に歪みが生じてしまいその結果様々な症状に悩まされています。
自宅やエステで骨盤矯正を実践することで、きっと望み通りのダイエットを実現することが出来るでしょう。

 

そもそも骨盤というのは姿勢の悪さ、運動不足などといった理由で歪んでしまうことで、正常な位置をキープすることが出来なくなってしまうのです。
骨盤の歪みがもっと強度になってくることで、悩みの便秘や不妊などいろいろな症状を発症させてしまうことになるのでご注意ください。

 

少し前の日本人と比較をして現代人は運動不足などといった理由から歪みやすい骨盤を形成してしまっています。
早めに骨盤矯正を骨盤の歪みやそれにともなう症状を自覚し始めたら、実践するようにしましょう。





LED電光看板チェック
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


【豆知知識メニュー】理想的な身体を作る骨盤矯正ブログ:23-01-04

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素運動。

有酸素運動はシェイプアップに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。
 
筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンス運動」と言われる運動です。

レジスタンス運動と言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベル運動やストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかける運動のことです。

これらの運動は、
有酸素運動のように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出して身体を動かすので、
無酸素運動とも言われます。

レジスタンス運動の主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

身体を支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンス運動は、
筋肉を刺激したり増やすための運動です。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素運動をした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンス運動をした高齢者の方が
有酸素運動を行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。