"分譲で物件を購入するよりも、今では賃貸を希望している人が多くなっており、需要が広がってきています。
つまり賃貸物件の数も一昔前よりも増え、私達にとって選べる範囲が広がってきているのです。通勤や通学などのことをしっかりと頭に入れて、交通の便利さを現地調査で確認しておきましょう。
自家用車やバスの利用のことを考えて渋滞状況の確認、そしてタクシーの数も確認しておくと良いでしょう。

 

賃貸物件の下見は、物件探しのスケジュールの中では最も大切な要素となります。
「わざわざ現地まで行くのは面倒臭い」と考えずに、自分の足を使って詳細を確認しておくことが大切です。
現地の物件調査は防犯の視点からもしっかりと確認をしておく必要があります。
夜間は昼間と全く異なる環境となりますので、現地調査は昼と夜二度見にいくことをオススメします。"



賃貸物件探しで最も大切なことブログ:16-9-22

1週間ほど前、言うことを聞かなくて
約束を守らなかった息子を怒ったんです。

僕はそれまで
一度も怒ったことがなかったんですね。

まだまだ小さな娘ですし、
できるだけ自由でいて欲しかったので、
ワガママを言おうが、人の話を聞いてなかろうが…

それを責めず、怒らず、許して、
息子のやりたいようにさせていたんです。

ところが、今回は、
言うことを聞かなくて約束を守らなかったことを、
あえて怒ったんです。

僕は怒ってあげることが
やさしさだと思ったのです。

もしここで僕が怒らなければ、
息子は将来もっと怒られてもっと痛い目に遭う。
だから、今怒った方がいい…
そう思ったんです。

実際に怒って、
息子がすごく怖がって
自分の世界に引きこもっているのを見ていると、
すごく嫌な気分になりました。

おそらく、
僕以上に息子は嫌な気分になって、
怖れと痛みで一杯だったでしょう。

それもわかっていた上でやったのですが、
自分がやったことに自信が持てなかった…

やっぱり僕ってやさしくないのかなぁと思いました。
ただを無駄に怖がらせて
無駄息子に傷つけてしまっただけではないかと
不安と迷いで一杯になりました。

少し落ち着いてからこの出来事を振り返ってみると、
「怒る」という表現方法は
ベストではなかったかもしれないけれど、
すごくヘタクソなやり方だけど、
あの時怒ったことは、僕のやさしさだと思います。

考えてみれば…
今まで見えなかったり気づかなかったりしたけど、

両親や先生や学校の先輩や会社の上司などは、
そんなに嫌な気分になってまで、
嫌われ役や憎まれ役を買ってまで、
それだけ大きなやさしさを僕に与えてくれてたんですよね。