"賃貸には各地域毎に相場が存在していますが、雑誌やインターネットなどで公開されている相場が正しいとは限りません。
確かに参考にはなると思いますが、実際に不動産屋に言って相場を確認してみることが大切です。賃貸物件に実際に住んだ時には毎月支払うのは何も家賃だけに限ったことではないのです。
家賃だけに囚われすぎてしまうと、その他管理費や駐車料金などの存在を忘れがちですので、総支払額を考慮して物件探しをすることが大切です。

 

物件探しにおきましては広さや部屋数はあまりこだわって探さない方が確かに見つけやすいですが、荷物が入らなかったでは何とも間抜けな話になってしまいます。
今現在利用をしている家具などをそのまま引越しする場合には、その家具を搬入することが出来るかどうかをメジャーなどを使用して計測しておきましょう。
家賃を予め決めておく時には毎月の収入における3分の1以下までに抑えることが大切です。
当然のことですが、家賃が高くなればなるほどその分初期費用として支払う金額が高くなってくることを忘れてはいけません。"



家賃は収入の3分の1以下に抑えようブログ:30-9-22

ダイエットというと、
「食事制限による空腹との戦い」なんてイメージを
持っている人が多いかもしれませんが、
これって大きな勘違いなんですよね。

食事の極端なカロリー制限や絶食は、
ようやく食べ物がからだに入ったという反動から、
失われたエネルギーを溜め込むので、
からだの中に蓄積しやすくなり、太りやすくなってしまうんですよ!

ダイエットを成功させるためには、
からだに重要な栄養素を欠かさないように、
食事メニューを変えることが必要になってきます。

絶食を行うことは、
ダイエットを成功させるために、
好ましいことではないんです。

絶食をすれば、一時的に体重が落ちるかもしれませんが、
その先にはリバウンドが待ち受けています。

ダイエットで欠かすことができないのは、
ビタミンやミネラルを含んだ野菜類・くだもの。
筋肉や肌、髪、爪を作るために不可欠なたんぱく質。
からだの脂肪を燃焼する為に重要な脂質、
からだを冷やさずにキープさせる為の炭水化物です。

つまり、すべての栄養素をバランスよく摂らなければ、
健康的にボディサイズを下げることはできません。

また肌や髪、爪が弱ってしまっては、
ダイエットは失敗と言わざるを得ません。

ダイエットのためとはいえ、
栄養バランスの悪い食事では、
ボディサイズや体重は減っても、
からだに支障が起こる可能性が高いのです。

特に、
10代のうちは医師の指示がない限り、ダイエットは禁物です。

そのときは良いかもしれませんが、
20代で骨が脆くなってしまうというデータがあります。

成長期に理想的なからだが欲しいのであれば、
必要なのは食事制限ではなく、体操なのです。