レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。

 



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:2022/12/28

3〜4歳の子供って、
食べものを噛めないほど
クチいっぱいにつめこむことがありますよね。

いろいろな味を理解しはじめ、
美味しさがわかりはじめる時期なのですが、
小さなクチ全体で一度にその感覚を味わいたいと、
クチいっぱいに入れてしまいます。

これは、
自分のクチの許容量が分かっていないこともありますが、
味覚が発達しはじめている証拠なんです。

同時にいろんな食べ物をクチに入れて味わうのは、
こんな幼児期から育まれるんですね。

つまり、ドンブリものを味わう基礎ができる時期なのです。

汚すから、危険だから…と親が単品ずつ食べさせたり、
ひとクチずつと厳しくしすぎると、
幼児はいろんな味を
同時にクチの中で感じることをができなくなってしまいますよ。

ある小学生の子供に、
親子丼を食べさせたら、
具の部分だけを全部食べてからライスを食べはじめました。

はじめて親子丼を食べたというわけではなく、
他の食事もすべて単品ずつ片付けていくのです。
いわゆる一点喰いといわれるものです。

ドンブリものは、あまり上品なイメージではありませんが、
これを上手に食べて、
おいしいと感じることができる感覚は大事なことだと思います。

ところでドンブリものが、なぜおいしいかというと、
それは、なんと言ってもライスといっしょだから…

ライスには、ほのかな甘みがありますが、
いくぶんかの塩分を添えると、それがさらに際立ちおいしく感じます。

ライスと別々に食べても同じような気がしますが、
丼にすると、
ライスに味や香りの微妙なグラデーションがつくのです。

また、
様々な具材の食感もライスと同時に味わうことができますから、
ひとクチという限られたスペースで
一度に味わえる快感というのも得られるわけです。