【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

定年退職 記念品のコツ
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/



【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:22年09月17日

減量には、適度な運動が必要なんだ!
よしっ、分かったぞ!さっそく運動を始めよう!!
…と思ってすぐに実行し、長続きする人は少ないでしょうね。

たぶん、そこまで動ける人であれば運動が得意、
もしくは好きな人のはずなので
減量をしなくても、すでに痩せていることでしょう。

しかし、運動が得意でも、好きでもない
どちらかと言えば嫌いという人にとって、
連日、運動をし続けることは難しいですよね。

運動を始めて二日目くらいまでは
モチベーションも高いのでちょっと楽しいものです。

しかし、しばらくすれば、
モチベーションも下がり、だんだん面倒に…

雨が降っているからとか、今日は忙しかったからとか言い訳して、
だんだん運動をしなくなったりしていませんか?

では、どうしたら運動が長続きするかというと…

わしは、趣味や連日行う行動を
運動にすれば良いと思います。

運動すると思うから辛くなるのです。
「運動=辛いもの」と頭の中にインプットされていませんか?

しかし、好きな趣味をすると思えば辛くなくなりますよね。
「趣味=楽しいもの」と頭の中にインプットされているはずなので…

お買い物が趣味であれば、
自転車や車はなるべく使わないで歩いてお買い物をする…
これだけでも、十分な運動になりますよね。
ちょっと考えればいろいろ出てくると思います。

趣味を上手く生かして、
減量を成功させましょう。

「減量のために…」なんて大げさに捉えないで、
連日の生活の中に、
上手く減量を取り込めば良いんじゃないでしょうか?