【レーシックガイド】レーシックの紹介制度を有効活用

レーシックの手術を受けた患者さんが他の人を紹介し、その人がレーシックを受けた場合におきましては、謝礼金が貰える制度が中にはあります。
ギフト券などを受け取ることが出来る利点だけではなく、紹介された人も割安価格でレーシック手術を受けることが出来るのが一般的です。

 

レーシックにおける紹介制度というのは、友人や知人がレーシックを検討している時に有効的に使いましょう。
謝礼金の制度は双方が得をするシステムとなっているので積極的に利用しましょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 最近におきましては安全性への配慮から、どのクリニックも割引制度をしていないことがあります。
しかし今現在でも実施しているクリニックは存在しているので比較サイトを参考にして探してみてください。

 



【レーシックガイド】レーシックの紹介制度を有効活用ブログ:22年09月24日

四畳半程度の広さだが、
小松菜やほうれん草がとれ、トマトやナスを育て、
シソやミツバが食べられる我が家の家庭菜園は魅力に溢れている。

さわやかな日差しを浴びながら、
家内と一緒に虫や草をとり、
若苗の間引きなどをしていると…

「雑草を恐れるな」
突然、二階のベランダから母の声がした。

御歳九十三、認知症が少し出ているが、
しゃきっとしたもの言いに、
オレは「分かった」と見上げながら答えた。

「まだ本当の百姓ではない」
オレの手つきや野菜の育ち具合いを見てのさらなる声。

「野菜は同じところに作るな」と
忠告も飛んでくる。

オレは「はいはい」と返事をしながら、
久々に力が入っている母を微笑ましく思った。

五年前、母の調子が少し崩れかかったときには、
猫を飼って凌いだ。

母が生きていく上で必要なのは、
毎日の具体的な世話と思いやる心を
取り戻してもらうことであったから…

「畑をやればまだ長生きしてもらえるかも」と家内が言うので、
オレが「降りてきて畑をやらないか」と大きな声で誘ったら、
母は「それは無理」と小さく言って顔を引っ込めてしまった。

信州の農家出身の母。
その母の口癖が、
「あの山の向こうに行けば田舎がある」だった。
山とは、ベランダから見える小高い公園の雑木林だった。

パパが亡くなって二十五年。
この頃、母の気持ちはさかんに実家へと向いている。
ふるさとを「魂の休まるところ」と理解すると、
母の心情がよく理解できた。

最近
「体調、体力を見て実家へ母を連れて行こう」が
オレと家内の合言葉になっている。