肌の若返りを実現!皮膚美人を目指そう

女性を中心として美容整形ブームが加熱しており、多くの美の悩みを解消されています。
その効果はこれまでの美容整形術を覆すほどであり、安心安全に美の追求をすることが出来ます。 美白化粧品やサプリ、そして美容外科がしみの無い肌を作る対策方法として知られています。
その他の対策方法として、市販の化粧品もありますが、確実な治療法なら美容クリニックがオススメです。

 

レーザー治療というのは自宅ではしみを除去することが出来ない頑固なしみに対して非常に効果的です。
美容クリニックや皮膚科などではレーザー治療が主流であり、シミの除去に対して効率的なのです。「またシミが増えてるぅ」と鏡の前で自分の顔を確認する度に、ショックを受けてしまっている方も多いでしょう。
そばかすの量が増えてしまうと、ニキビ跡の原因となってしまうこともあり的確な治療が必要なのです。



肌の若返りを実現!皮膚美人を目指そうブログ:23 9 2022

こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

ダイエットを行う場合、
1日の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい体になってしまいます。

ダイエットを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
ダイエットのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
ダイエットに必要な1日の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
二週間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=1日の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
1日の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2〜3kg減らした体重を目安に、
1日の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

・・・と、書いてみるテスト