永代使用料の概要とその価格差

永代使用料の概要とその価格差


永代使用料の概要とその価格差
「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。 霊園や墓所における価格とは、永代使用料と管理料のことを指しています。
永代使用料は、霊園の立地や利便性、そして開発費用や施設、設備、緑地率、周辺相場等を考慮して決められるのである程度の差が出てきます。

霊園の立地や利便性は、宅地と同じで価格に大きな影響を与えることとなります。
大都市圏から離れれば離れるほど、そして利便性が悪くなるほど価格は安くなってきます。

永代使用料は一括で支払うこととなりますが、支払いをした後には永代使用許可証が交付されます。
その一方で、霊園内の清掃など管理作業の費用は、1〜5年単位や一括での徴収などが霊園によって異なっています。




永代使用料の概要とその価格差ブログ:22-12-03

おととい、実家の片づけをしていたところ、
母が昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

おいらの母が若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

母の若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
母の服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとおいらには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

おいらは子供のころから、
母のそんな洋服が大好きでした。

母は仕事もしていたし、
3人の子供がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園の体操会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
おいらの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

母とお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

母の洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁおいらって母のことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
母とお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
おいらは思っています。

永代使用料の概要とその価格差

永代使用料の概要とその価格差

★メニュー

国産の石は品質が良く美しい
年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも
霊園にはオプションも用意されている
オリジナルのお墓も増えてきました
永代使用料の概要とその価格差
墓石には文字彫り費用が発生します
交通の便と宗教などが霊園選びのポイント
寺院が管理をしている霊園のメリット
霊園の使用規定は必ず厳守
3つの工事費が必要な建墓の費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)まるわかり霊園ナビゲーション