霊園の使用規定は必ず厳守

霊園の使用規定は必ず厳守


霊園の使用規定は必ず厳守
日本全国に数多くの霊園が存在しますが、当たり前のことですがどこを選んでも良いというワケではありません。
立地条件や宗教などなど自分達の状況に見合った霊園選びをしなければいけないのです。 使用者の資格が霊園選びの時に気を付けなければいけないこととなります。
宗派や居住地域に制限が設けてあったり、お墓の継承者がある場合のみに限られてしまうことがありますのでご注意ください。

遺骨の制限として、ほとんどの墓地では使用者の親族以外の使用をすることは出来ません。
将来的に第三者の遺骨を埋葬することになるケースには、合祀することが出来るかどうかを確認した方が良いでしょう。

墓石の指定として民営霊園では墓石を購入することとなる石材店が指定されているケースがあります。
また多くの場合、使用権を相続人以外の第三者に譲渡することが出来ないのでご注意ください。




霊園の使用規定は必ず厳守ブログ:22-11-21

減量でリバウンドしないためには、
リバウンドの原因を理解しておきましょう。

減量のリバウンドとは、
せっかく減った体重が戻ってしまったり、
さらに減量前よりも体重が増えてしまう状態です。

せっかく痩せてきれいになろう…と始めた
減量なのに、逆効果になってしまっては大変!!

そんな減量の敵である
リバウンドを引き起こさない為に
きちんとした減量計画を立てていきましょう。

減量で
リバウンドが発生する大きな原因の一つとして
基礎代謝力の低下があります。

基礎代謝というのは、
オレたちが生きていくために最低限必要なエネルギーです。
常に使われているエネルギーなので、
寝ているときでも消費されているのが基礎代謝です。

人間の体には、
環境の変化に適応する能力が備わっています。

なので、
食べる事制限によって摂取カロリーを減らしたり、
体重が急激に減少することによって、
そういった環境に体を対応させるために
エネルギー消費量を減らしたり、
筋肉量や骨量を変化させたり…と
体のほうが変化していきます。

このような状態になると
停滞期といって、減量を続けても
体重が減らない状態になってしまいます。

そうなると
つい減量を断念してしまうという人も
少なくありません。

エネルギー消費量が以前より減少している状態のときに
減量をやめて、
以前と同じ摂取カロリーに戻してしまうと
当然のことながら体に脂肪が蓄積されてしまいます。

ですから、
減量でリバウンドしないためにも、
停滞期を乗り切ることが大切なんです!

霊園の使用規定は必ず厳守

霊園の使用規定は必ず厳守

★メニュー

国産の石は品質が良く美しい
年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも
霊園にはオプションも用意されている
オリジナルのお墓も増えてきました
永代使用料の概要とその価格差
墓石には文字彫り費用が発生します
交通の便と宗教などが霊園選びのポイント
寺院が管理をしている霊園のメリット
霊園の使用規定は必ず厳守
3つの工事費が必要な建墓の費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)まるわかり霊園ナビゲーション