◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できる

全てのご家庭に限らず地球規模で太陽光発電の最大のメリットとなるのが、環境保護に貢献することが出来るということです。
太陽光を利用しますので燃料を一切必要としませんので、太陽光発電でしたら誰でもエコ生活を実現することが可能なのです。

 

太陽光発電を導入することで、賢く利用をすればきっと電気代の節約に繋がることでしょう。
まず最初はどの程度の節電が可能になるのかを計算してみると後々「こんなハズじゃなかった」とならないことでしょう。
これからの日本、いや世界というのは原発に依存をしない再生可能エネルギーを利用した電力が必要となります。
地球環境、そして個人での社会貢献などを考えた時、太陽光発電が最も効果的となるのです。 太陽光発電と言いますと、なんとなく「電気代を節約出来る」というイメージから初期設備の費用も数年で元が取れると考えているかと思います。
しかしこれは全てのご家庭に言えることではなく、電気の使用状況、さらには家族構成などによって初期費用を確実に回収するとは言い切れないのです。

 





一条工務店ナビ
URL:http://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_ichijo/
一条工務店ならこちら


◆基礎知識:地球規模で環境問題に貢献できるブログ:2022/9/29

ちょっと仕事先のことで落ち込んでいます


体脂肪を落としたいと思って
必死に減量をしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

減量と間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らす減量にとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らす減量はできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

チーズケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
大福などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもチーズケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
食事を食べてから三時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後三時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分を体の中にためやすくなっているからです。

さらに、ウエストが減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしても減量の邪魔にはならないんです!

今日はおしまい!!!

ホーム サイトマップ