施術前のシェーバーの必要が無いのでしたら、そのまま脱毛過程に入っていく

脱毛サロンの個室に入ったら、多くの場合、バスローブに着替えて施術を受けることとなります。
用意されているベッドに横になったら、脱毛処理を実施する前にムダ毛の処理をシェーバーで行います。

 

施術前のシェーバーの必要が無いのでしたら、そのまま脱毛過程に入っていくこととなります。
この段階で何かわからないことがあったら恥ずかしがることなくしっかりと確認をするようにしてください。
身体中のありとあらゆるムダ毛をカミソリ一本で脱毛をしている人がいますが、それは大きな間違えとなります。
お肌というのは非常にデリケートな部分もありますので、目には見えない無数の傷を付けてしまうこともあるのでご注意ください。 脱毛サロンにおきましては肌を保護して、脱毛時の痛みを和らげられる冷たいジェルを脱毛箇所に塗ります。
そしてそれが完了してからいよいよ脱毛の施術に入っていくこととなります。



施術前のシェーバーの必要が無いのでしたら、そのまま脱毛過程に入っていくブログ:230118

減量というのは非常にシンプルです。
「食生活を適切なものにして、適度な体操をする」ことです。

しかし「言うは易し、行うは難し」で、
なかなか実行するのは難しいんですよね!

仲間からお誘いがあれば、飲み会に付き合うことも必要ですし、
何かスケジュールが入れば、毎日の体操も難しい…

別に、減量中だからといっても、
毎日ストイックな生活が必要だというわけではありません。
時には息抜きも必要でしょうし、
減量第一の生活なんて、味気ないもんです!

しかし、
減量にとって良くないことをすれば反省も必要です。

そこでわしは、
「日記」をつけるようにしています。

日記には、自分がその日何を食べ、
体操したなら、
どのような体操をしたかということを書き留めています。

すると、ふとした時に日記を振りかえることができます。
「ああ、この日わしはこんなに食べてたんだ」
「ちょっと今週は体操していないなぁ、来週は体操をしよう」

このように日記をつけることで、
未来への改善点や注意しなければならないことが見えてきます。

必ず毎日書き留める必要はありません。
気がついたとき、暇を見つけて
メモしておくことでも十分効果はあるはずですよ!

「毎日やらなければならない」
という意識が強すぎると、長続きしなくなることがあります。
これは、日記にしても減量にしても同じことです。

あまりにこういった意識が強くなってしまうと、
一度スルーしてしまったときに、ものすごく自己嫌悪に陥ります。
むしろ、長期間続けることこそが
減量にとっては大事なことなんですよね。


ホーム サイトマップ